ダーデンさんの日記

自分だけのオリジナル人生を作る、今途中です。

欲しいのは自由でした

新卒で就職し働き始めて早々感じたことは、これから40年以上会社員として働き続けるなんてありえないなってことでした。


人間関係、拘束時間、仕事のプレッシャーや個人の志向性とはかけ離れた業務、転勤などなど、毎日毎日が生気ない日々だったな。(ちなみに現在は約4年間務めた後、退職し休養中)

 

なんとかして、この状況を抜け出さないとって思ったよ
その時、思ったのが一生自分が生きていくに困らない程度の資産を持っていれば、働く必要はないよなってこと。
ずっと働かなくても、セミリタイヤ状態でよければ、必要な資産はもっと少なくて大丈夫だし、3年働いて1年休むなど、インターバルを設ける働き方などであれば、今より気持ち的にゆとりのある働き方になると感じたんだ。

 

ただこういう生き方は、やっぱりそれなりのリスクを伴うし、周りからの理解を得るのは難しい(変な人扱いされてまうからね)

 

それなりのリスクに対応するために、どれくらいの資産があればよいかというと、
自分の場合は3,000万でした。

 

この金額というのは、個人個人の基礎生活費によって変わってくるし、どの程度のリスクまで対応できる基盤をつくりたいかで違ってくるが、
私がこの金額を漠然とイメージするようになったのは、以下の本を読んででした。


橘玲『大震災の後で人生について語るということ』(講談社 2011)


ところでいったいいくらあれば、経済的自由が達成できるのでしょうか。もちろんひとによってさまざまでしょうが、
私の場合は3,000万円が目標でした。これはタイで会社経営をしている知人から、「バンコクでは無理だけど、チェンマイなら3,000万円あれば何とか生きていけるよ」
と教えられたからです。当時のタイの金利(約5%)なら、3,000万円をバーツに両替して銀行に預ければ利子だけで暮らしていける、という話でした。


本書のように、海外に住む必要もないが(むしろ今は日本に住んだほうが基礎生活費が安くなるかも)3,000万の資産があれば、年率5%で運用できれば、150万のキャッシュが生まれる。
私の場合は自分1人であれば年額150万あれば、生活することは可能であるし、贅沢をしたえれば働けばよい。

この働いてもよいし、働かなくてもよい状態こそ、私が定義した「自由」でした。
自由になれば、自分の志向性が高いが金儲けにはならないような仕事もできるなと。(こういう仕事の方が人生の充実度があがるとおもう)


だからこのブログでは自由になるための、試行錯錯誤や、その道中、人生の満足度が向上するものを発信していきたい。

 

ビジネスマンの共通言語とは

3連休も最終日ですね。

皆様いかがお過ごしでしょうか。久々の投稿になります。

なかなかブログ更新する癖が付けれませんが、なるべく更新の頻度を決めて取り組みたいと思います。(目標は週に3日ですかね。ぼちぼちやっていきます。)

 

本日は、男性のビジネスパーソンにとっての共通言語についてです。

この共通言語というのは、コミュニケーションを取りたい相手(職場でのキーパーソンやクライアント等)と一歩関係性を深めていく際に使える話題です。

 

意外と2つだけ抑えておけば問題無いですね。

だいたいゴルフか女の話しかしません。(むしろこれ意外はいらないですね

いやー男っていうのは単純でいいです。

 

働き方は色々あるとしても、大半の方は週5日は仕事に大半の時間を使うことになります。

となると仕事以外に自由に使える時間は週2日しかなく、その中で趣味や家族サービス等に時間を使うことになります。

これはどんなビジネスパーソンも同じなんですよ。

 

クライアントと関係性を築いたり、会社の組織人としては仕事の話だけをしているだけではダメなんですね。それはあくまで最低条件ですから。+αの何かがいるんです。

 

これは組織の上層部の人間になればなるほどおそらく意識しています。

そんなとき特定のニッチな趣味の話では万人の共通言語(会話の潤滑油)にならないんですよね。それを組織人はわかっているのでみんなゴルフするんですよ、それと女性の話ね。だいたいみんな喜んで話たがります。

 

なので若いビジネスパーソンはゴルフはしておきましょうね。

あと女性関係の失敗談を何個か持っておけばなおよしですかね。

 

そんじゃまた来週からお仕事がんばっていきましょう。

自分を縛っているのは自分

先日、新宿のゴールデン街で飲む機会があった。

もともと飲みに来る客が”濃い”方が多いのは知っていたのだが、その日飲みに訪れた際も色んなバックグランドを持った方をお話する機会が持てた。

 

その中でも、とりわけ記憶に残っている方を備忘録がてら書いておこう。その方は定職に付かず定住もしていないつまりホームレスだった。

 

普段の生活は公園や、図書館等公共の場におり、お金を稼ぐときは道端でパフォーマンスをするのだそうだ。(その日はパフォーマンスでなんと1日で2万円稼いだそう!)

パフォーマンスといっても、捨ててあったタンバリンを足につけタップダンスをするというシンプルなものらしい。

 

そんな彼から色々話す中2つのことを学んだ。

 

①人間何かに迷っている内は、人生に余裕があるということ。

⇒ほんとに追い込まれたら人間は迷いとかなくなって、なんでも出来るようになるとのこと。人間の生存本能はすごいね。これは仕事でも言えることで、職場の環境がストイックだがやめられない環境に身を置くことで一皮剥けて大きく成長することは多い。

 

②人間はどんな環境にでも一旦身を置くと、最初は辛いがいずれ適応することが出来る。

⇒①にも通じるが、この環境しかないと思えばそれがどんな環境でも生きるために適応することが出来るんだよね。

 

①②から言えることは、何かしたいことがあって選択を迷っている人は、その選択肢がリスクであっても試してみるとこが最善ということ。選択した結果がどうなっても、人間はその環境に適応することが出来るのだから。

 

まあそれに見合うリターンがある場合に限るけどね。

 

ブログを始めました

今年も一年が終わろうとしている。

毎年が閃光の矢の如く過ぎ去る日々の中、自分の考えが年々どのように変わっていくのか後から見てみたくなったのでブログを書くことにした。

また自分のビジネスに於ける失敗や成功を書いていこうかなと。

 

後から見返した時クスっと笑えるようなブログになればよし。

ブログの読者とともに考え、価値観を共有できる出来るような場になれば尚よし。

 

まあゆるくやっていきます。